FX初心者入門講座 第3回 追証とゼロカット業者について学ぼう!

FX初心者入門講座 第3回 追証とゼロカット業者について学ぼう!

こんにちは、50才からのセカンドライフの加藤です。

FX初心者入門講座の全ての講義はこの再生リストから確認できます。
https://www.youtube.com/watch?v=f7IW3bSI8Ao&list=PLnXrCU2849ldONWQxNChuSdaZzEyTOriX

では、第3回目の講義をお届けしましょう!

前回まで

「第1回|FXはギャンブルじゃない」
「第2回|50回連続で負けても資金を溶かさないトレードとの向き合い方」

という講義をお届けして、

投資(トレード)を実践する上で重要な視点である
負けないことをどのように実現するのか?
~~~~~~~~~~~~~
 ↑
についてお伝えしました。

僕(加藤)が投資(トレード)に取り組んでいるのは
資産に金利をつける力を持つため

です。

・・・どうせつけるなら、

マイナスの金利ではなく
プラスの金利をつけたいですよね 笑

日本はまさにマイナス金利政策が採用されていて
銀行や郵貯に預けておくだけでは、金利はほとんどつきません。。

だからこそ、自分で金利をつけるチカラをつけるぞ!
~~~~~~~~~~~~~
 ↑
ということですね☆

でも、プラスにばかり目が向くと
バランスを崩して、大きなマイナスの金利を発生させたり

最悪のケースでは
資金を失ったり、逆に借金を生じさせることもあって

FXはギャンブル的だと
日本では、そういう印象ありますよね。

数百倍もレバレッジをかけて取引できるから危険だ、とか。

でも、実際に投資(トレード)を実践する視点から言うと、
レバレッジがあるからこそ自由度の高い取引ができる

というメリットがあって、

一概に高いレバレッジが悪いという訳ではないと実感しています。

(高レバレッジを勝つことに使うと危険)
(高レバレッジは負けないことに使う)

では、

どういう視点で考えればいいのか
なのですが、

それが今回のテーマである「追証とゼロカット業者」です。

この視点を持っていると、
負けないことに直結するので、

早速確認していきましょう!

┏┓
┗■「第3回|追証とゼロカット業者」
 └─────────────────

僕もFXに取り組む前は、
FXで借金を背負う人がいるという情報もあって

怖いなと思っていたのですが….

その仕組みを理解して
対策をとれることも分ってきたんですね。

まず大きなリスク(借金になる仕組み)があって、
これが追証という制度になります。

FXトレードするためには、

証拠金というものをを入れる必要があって
その証拠金の範囲内でのトレードが基本です。

が、

スイスフランショックのように
ドーンと一気に相場が動くことがあって、

そういう強制決済が発動するケースになった時に
証拠金だけじゃ足りなくなって、

追加で証拠金を入れなさいと証券会社が言ってくることがあるんですね。
(証券会社に対する借金を背負う)

これに対して、

ゼロカットという仕組みを採用する証券会社もあって、

証拠金が足りなくなっても

顧客が預けている証拠金以上に証拠金は求めません。
口座の証拠金がゼロになるだけです。

という仕組みです。

こういう仕組みを採用する証券会社を使っていれば
最大でも、証拠金として入れている金額がゼロになる可能性はあっても

それ以上のリスクを背負わなくて済みます。

概して、

日本の証券会社はゼロカットを採用していなくて
海外の証券会社だと、ゼロカットを採用しているところもある。

こんなイメージです。

(僕は海外の証券会社を使っています)
(海外の証券会社を使うと税率は高くなるんですけど、
ゼロカットを採用していないリスクの方を優先しています)

で、ですね。

ここから更にリスク分散するために、

100万円の資金があったとして
その100万円全てを1つの口座にドンと入れるんじゃなく

10万円とか
20万円を入れてトレードするようにしています。

(少ない証拠金でも
高いレバレッジを使って普通にトレードできる)

もしゼロカットになるような状況になっても
失うのはその証拠金だけなので

手元にある資金で
トレードを再開することができる

と、こんな感じで
最悪のケースを回避することを優先して、大枠で押さえています。

・・・・・
・・・・・
・・・・・

この講義でお伝えしたことは
負けないことを優先する上で、かなり肝になるところかなと

思ってます。

はじめての方には
用語自体が難しかったかもですが、

追証と、
それとは逆にゼロカット業者というのがある

という知識を持っておくと
もしあなたがFX始めようと思った場合、

ご自分で調べることもできますので、

「ふーん、そういう仕組みあるんだね」と。
頭の片隅に置いておいて戴ければと思います。

*免責事項*
こちらの内容は投資アドバイス等ではなく投資を推奨するものではありませんし
自分自身の勉強のため、言語化してお届けしているエンターデミックです。
全ての投資は自己責任となりますのでご注意ください。
投資の損失・トラブル等、ご視聴者様の投資についていかなる責任も負うものではありません。

#50才からのセカンドライフ
#FX初心者入門講座

追証カテゴリの最新記事