ソフトバンクグループ 4.5兆資産売却 米国1320兆 追証発生

ソフトバンクグループ 4.5兆資産売却 米国1320兆 追証発生

みなさんこんにちは。先週お伝えした、ソフトバンクですが、動きがありました。
ブルームバーグが伝えています。そのことについて、少しお話ししましょう。
ソフトバンクグループは23日、自己株式取得と負債削減のため
最大4兆5000億円の資産売却や資金化を行うと発表したとのこと。
最大2兆円の自己株式取得に加え、負債償還や社債買い入れに充てるそうです。。
自己株取得は13日発表のものと合わせ計2兆5000億円となり、
発行済株式総数の45%の株式を取得し、消却します。取引は今後、
4四半期にわたり実施するとのこと。
広報担当の小寺裕恵氏は具体的な売却資産や資金化の方法について
「これから検討していく」と話しました。
ソフトバンクG株は発表後、制限値幅いっぱいのストップ高となる
前営業日比500円、19%高の3187円まで買われました。
孫正義社長は発表で「当社史上最大の自己株式取得であり、
さらに過去最大の現預金等の増加につながるもので、当社の事業に対する
揺るぎない自信に基づく」と説明しています。
「負債の削減を通じてバランスシートを強化する」と表明しました。
世界同時株安による投資先企業の株価下落に加え、新規株式公開、
IPOによる利益回収の先行きも不透明になり、ソフトバンクGの株価は
下落していました。格付け会社のS&Pグローバル・レーティングの格付け
見通し引き下げなどを受け、19日終値は1994年の上場後、
最大の下落率となっていました。一方、売却対象となるリスクが警戒され、
香港市場に上場するアリババ株は一時6.8%安、国内通信子会社の
ソフトバンク株も5.6%安の1382円まで売り込まれました。
話題に事欠かなくなってきたソフトバンクグループ。
S&Pの格下げがどの程度、意義があるのかはわかりませんが、
この暴落で、持ち株の資産が下がり、有利子負債は減るわけではないので、
さてどうなのでしょう。逆に、資産を売却することに注目が行き、
持ち株の下落リスクが高くなります。
前回もお伝えしていますが、ソフトバンクグループのアリババ持ち株は
合計5390百万株です。現在のアリババの株価は、前回同様180ドルですので、
約10兆円で変わりありません。ただ、ここから、売却していくのですから、
株も下がりますし、現在のこの状況が改善しないと、
さらに資産が下落します。それだけではなく、保有株をすべて売却
するわけではありませんので、最大4兆5000億円で売却していく過程の中で、
残りの保有するアリババ株も下がっていくことが予想されます。
これから大量の売りが出るとわかっている企業の
株を持っていることができるかと言えば、私なら、株価の高い今の間に
売ると思います。ただ、ソフトバンクグループの株は、自然に買いあがるので、
今日はストップ高ですね。けれどメッキのようなもので、長くは続かない。
と思います。ソフトバンクグループの持っている株の中で、
あと、優良株と言えるのは、子会社のソフトバンクだけです。
他方、ビジョンファンドは4000億円規模の配当を行わなければいけません。
この下落局面で、どれだけ、利益を上げることができたのでしょうか。
先日はワンウェブ(ワンウェイブ)の自己破産報道をお伝えしました。
とても利益が上がっているとは言えない、赤字会社uberや同業の
配車アプリ、didiも経営的に厳しいでしょう。その上に、今回のショックです。
外出自体が困難になっている中、厳しいでしょう。
そして、ウィーワーク(wework)の30億ドルに対する出資で、
どうやら株主と、もめているようです。ロイターから。
米シェアオフィス大手ウィーワークの取締役会の特別委員会は22日、
ソフトバンクグループに対し、従業員や株主からの株式の買い取りを
予定通り完了するよう強く求めていく方針を示しました。
同委員会は「ソフトバンクには基本売買契約で定めた詳細通りに
株式の買い取りを進める義務がある。また、取引を完了させないための
口実は不適切であり、不誠実だ」と表明しました。
ソフトバンクはこれに対し、ウィーワーク側に重大な責任があれば、
株式の買い取りを撤回することが可能だと表明しました。
ソフトバンクの広報担当は、取引完了の合意条件がすべて満たされない限り、
株式の買い取りを完了できないことを利害関係者に通知したとしたとし、
そのうえで現時点では条件が満たされていないとの認識を示したとのこと。
はたして、条件とは何なのでしょう。難しいところですね。
ソフトバンクの案件は、とにかく額が大きいですね。
この額があれば、日本の優良企業を保有することができるとおもうのですが。
アリババのような、あたりは引けませんが、
これから株価が下がる中、経営破綻しない優良企業を探すのも、
有効たと思います。さて、どこでそこを打つかは誰にもわかりませんが、
世界の富裕層は、大バーゲンだと思っているそうで、記事になっていました。
私はいささか時期尚早だと思っています。
最後に、最近気になっている、アメリカの株価急落に対する、追証。
マージンコールについてです。
ドル資金争奪戦と米連邦準備理事会、FRBによるドル資金供給拡大との攻防が予想されています。
現状の外国為替市場では、世界的な資産市場の下落を受けた
マージン・コール、追証発生によるドル需要約12兆ドルや四半期末に
向けたドル建て債務の借り換えによる「ドル・クランチ、ドル不足」
などで、ドル資金の争奪戦が繰り広げられています。
世界同時株安の損失穴埋めで、「リスクパリティー戦略」の
資金の避難先である債券市場や金市場の売りに波及し、原油市場の下落も伴い、
世界の資産市場からは約25兆ドルの富が失われ、約12兆ドル規模の
マージン・コール、追証が発生したことで、
ドル資金の確保、争奪戦が外国為替市場のドル高に繋がっています。
さらに、世界的株価急落で信用収縮が悪化し、ドル建ての債務の借り換えが
困難となる「ドル・クランチ、ドル不足」もドルの争奪戦に拍車をかけています。
しかしながら、FRBが日銀・欧州中央銀行、ECB・イングランド銀行、BOEなど
5中銀に対するドル資金供給の拡大していることで、
鎮静化する可能性が警戒されています。
また、3月期末決算に向けては本邦勢によるレパトリエーション
国外滞留資金の本国環流による、外貨売り・円買い圧力も強まることで、
ドル円の上値は限定的かと予想されます。
米国4-6月期実質国内総生産、GDPが大幅マイナス(ゴールドマンサックス予想は-24%、
ブラード米セントルイス連銀総裁は-50%)、
26日に発表される新規失業保険申請件数が225~300万件、
さらに2月失業率が20%へ上昇すると予想されています。
すなわち、有事のドル買いがおさまった後の米国のリセッション
景気後退懸念が高まっていることも、ドル買い継続への警戒感を高めています。
しかし、日本経済も、2019年10-12月期実質国内総生産、GDPの前期比年率-7.1%に続き、
1-3月期GDPは今回の大幅下落。
4-6月期もオリンピック中止・延期懸念でマイナス成長となる可能性が高まっており、
リセッション、景気後退に陥る可能性が警戒されています。
日本経済がリセッションに陥った場合、日本売り(日本株売り・円売り)
が継続する可能性に要警戒となっています。
と、いうことで、ソフトバンクも併せて、私は、リーマンショックを超える
危機になるのではないかと思っているのですが、喫緊に、
12兆ドル、1320兆円をどうにかしないと、強制決済されますね。
このお金、誰が払うの?。誰が払えるの?。
早ければ、明日。少なくとも、今月末には、どうにかお金を
供託しないと、このお金が無くなってしまうことが予想されます。
1320兆円…。用意できるんでしょうか。アメリカの緊急対策で、
110兆円。日本で、30兆円。追証が1320兆円。
払えないことがわかると、いろいろなところが、デフォルトするのではないのでしょうか。
これが、どのくらい資金調達が進んでいるかわかりませんが、
大丈夫なんでしょうか。これが何かの引き金にならないか心配です。
またお伝えします。

実体経済 が衰退する中 nasdaq も急落。相次ぐ 下方修正。
ベアスターンズ 破綻後、リーマンショック。全米雇用リポート も急落。
原油市場では、opec 非加盟国 とサウジアラビアが対立。ソブリンフェルズファンド は株の売却が懸念。アゼルバイジャン国営石油会社 は 中質油 大量に ロッテルダム市場 に供給。
サウジアラムコ は石油を大量供給。石油価格 は大幅下落。財政依存 の強いサウジは今後も売却を続けるでしょう。シカゴマーカンタイル取引所 も価格が下落。
株価指数 は低迷。資金供給 は効果が薄く、通貨体制 は揺るぎ、株価指数 が低迷しています。
ドイツ銀行 の破綻が気になるところです。
ソフトバンクの ビジョンファンド は、サウジの影響で、価格低下 により、自社株買い を行います。
ワールドコム破綻 やVIXショックを思い出します。
決算発表後、純資産価値が下がることがあります。
乗用車市場信息聯席会は毎回売り上げが右肩下がり。
製造業購買担当者指数は、製造業PMIと非製造業PMIに分かれます。
nasdaqは、株式指数です。oilやfedなども見ておく必要があるでしょう。
中国、chinaの市場は、日本に影響を及ぼします。新聞からも情報をえます。
経済ニュースを中心にお伝えしていますが、日経平均、株安、ウォン安、
営業利益の下方修正など、景気後退、アルゼンチンなども、崩壊に近づいている気がします。

#oil #fed #nasdaq #stocks #china #新聞
#日本経済 #アメリカ経済 #中国経済 #韓国経済

追証カテゴリの最新記事